Rhapsody in Yellow

90年代のシングル作品のレビュー、音楽雑談をメインにしたブログ。

90年代のシングル作品のレビュー、音楽雑談をメインにしたブログ。

90's File No.0508「カルアミルク」


90年代にリリースしたシングルナンバーを1日1曲レビューしていきます。

本日のナンバーはこちら。

0508kahluamilkokamurayasuyuki













カルアミルク / 岡村靖幸
1990年12月1日リリース
最高位:61位、売上:1.1万枚

どんなものでも
君にかないやしない

日本のファンクミュージシャンとして現在も活躍中の男性ソロアーティスト、岡村靖幸。
近年では若い世代とのコラボも活発に行っており、DAOKOやKICK THE CAN CREW、そして先月にはライムスターとの新曲「マクガフィン」が配信リリースされた。

今日は、そんな岡村靖幸の曲を取り上げる。

1986年にメジャーデビュー。
プリンスを彷彿とさせるような独創的な作風とパフォーマンスで、徐々に人気を獲得していった。
デビュー以前から他者への楽曲提供なども行なっていて、渡辺美里や川本真琴といったブレイクアーティストを手がけた時期もあった。

「カルアミルク」は1990年12月にリリース。
アルバム「家庭教師」からシングルカットされた。
桜井和寿率いるBank BandやDAOKOといったさまざまなアーティストにカバーされたり、映画「モテキ」に使用されたりと、今では彼の代表曲とも言える作品だ。
男性の未練と本能を、時代性のあるフレーズに包んで表現した歌詞が胸に突き刺さる、ミディアムナンバーに仕上がっている。
彼の作品の中でもストレートな部類の曲だが、ムーディーなアレンジやリアリティのある歌詞の面から、彼の独自の世界観もしっかり投影されている一曲だ。

紆余曲折もあった彼だが、現在は再び精力的に活動を続けている。
下の世代とのコラボもあり、若者の間でも岡村靖幸の音楽が再評価されている。

カルアミルク
カテゴリ: ロック



90's File No.0507「ラストツアー ~約束の場所へ~」


90年代にリリースしたシングルナンバーを1日1曲レビューしていきます。

本日のナンバーはこちら。

0507lasttourbluemofyouth








ラストツアー ~約束の場所へ~ / Bluem of Youth
1999年12月1日リリース
最高位:2位、売上:47.6万枚

どうか夢よ僕を照らして
約束の場所へ

昨日は「雷波少年」の企画から生まれた曲を取り上げたが、今日も同じ番組でブレイクしたユニットの曲を取り上げる。

Something ELseの「ラストチャンス」が大ヒットとなった99年、「雷波少年」は次なる企画が生まれた。
前年と似たような内容だが、崖っぷちバンドがモスクワをストリートライブしながら回り、究極の一曲を生み出すものだった。
その一曲のみで日本武道館公演を行い、観客一万人を集められなければ即解散というルールを課せられた。

その企画に白羽の矢が立ったのは、1995年にメジャーデビューを果たしていた2人組ユニットのBluem of Youthだ。
この企画までにヒット作は生まれず、98年末にレコード会社との契約を打ち切られていた。
そんな中で挑んだロシア横断の旅で生まれた一曲が「ラストツアー ~約束の場所へ~」だ。
旅が終わり、帰国後の99年10月に日本武道館にてライブを決行。
目標の一万人を倍近く上回る観客動員数を記録し、無事に成功を収めた。

その後、「ラストツアー ~約束の場所へ~」はシングル化され、99年12月にリリースされた。
初登場2位を記録し、約50万枚の大ヒットとなった。
静かなアルペジオギターと歌から始まり、サビに向かって盛り上がっていく、ドラマティックなミディアムバラードに仕上がっている。
旅のドキュメンタリーのような歌詞に、壮大さを感じるアレンジが、彼らの熱量を感じさせるものになっている。

こうしてSomething ELseに続き、Bluem of Youthも同番組の企画によりブレイクを果たした。
音楽バンドの救済企画はここまでとなったが、彼ら2バンドに言えることは、もともと持っていたポテンシャルを引き出す場所を、メディアというツールによって運よく引き出せたということだろう。

2002年に解散後、近年活動を再開させ、今年もソロ活動と並行してBluem of Youthとしてのライブも行っている。

ラストツアー ~約束の場所へ~
カテゴリ: J-Pop



90's File No.0506「ラストチャンス」


90年代にリリースしたシングルナンバーを1日1曲レビューしていきます。

本日のナンバーはこちら。

0506lastchancesomeel












ラストチャンス / Something ELse
1998年12月23日リリース
最高位:1位、売上:99.8万枚

give me a chance
最後に賭けてみたいんだ

番組の企画から生まれたヒットソングが存在する。
人気芸能人がバラエティの一企画で音楽活動を行ったり、素人や売れないアーティストの救済計画としてテレビでバックアップする企画だったりと、さまざまな形でそうしたヒットソングが生まれてきた。

今日は、日本テレビ系で放送されていた人気バラエティ「電波少年」シリーズの企画からヒットした名曲を取り上げる。

1992年から放送された「進め!電波少年」は、アポなし企画やヒッチハイクの旅、懸賞生活といったインパクトの強い企画が人気となり、司会者の松本明子や松村邦洋、 猿岩石やなすびといった芸人がブレイクした。
98年に番組名が「進ぬ!電波少年」に変わり、そこから派生した番組「雷波少年」内で、ヒット作を生み出してこれなかったバンドが3か月間合宿し、究極の一曲を作り出し、その曲がチャートTOP20入りを果たさなければ、即解散といった企画がはじまった。
そこで白羽の矢が立ったのは、1996年にメジャーデビューしたSomething ELseだ。

ストリートミュージシャンの聖地、千葉の柏から生まれ、メジャーシーンまで登り詰めたが、ブレイクするには至らずに、番組の企画に参加することになった。

そこで生まれた曲が1998年12月にリリースされた「ラストチャンス」だ。
元々「Give me a chance」というタイトルで生まれ、制作の経緯も逐一番組で取り上げられたこともあり、ボーダーラインのTOP20を遥かに上回るTOP3入りを初登場で果たした。
その後もセールスを伸ばし、首位を獲得し、ミリオン手前の大ヒットとなり、翌年の紅白歌合戦にも出場することになった。

彼らのストリート感が存分に味わえる、フォーキーなサウンドに、極限状態の中で生まれた強い意思を感じる歌詞が胸に響く、 キャッチーな一曲に仕上がっている。
切なさのなかに希望感のある歌メロや、効果的なコーラスワークなど、耳に残る部分が多い作品だ。

こうして、番組の企画によりブレイクを果たした彼ら。
記憶に残る強烈な一曲を、ベストなタイミングで発表できたが、彼らの良さを存分に引き出せたこともヒットの要因と言える。
その後も活動を続け、2006年に解散。
現在はそれぞれ歌手として、プロデューサーやディレクターとして、別々に活動を行っている。

ラストチャンス
カテゴリ: オルタナティブ



ギャラリー
  • 90's File No.0508「カルアミルク」
  • 90's File No.0507「ラストツアー ~約束の場所へ~」
  • 90's File No.0506「ラストチャンス」
  • 90's File No.0505「Same Side」
  • 90's File No.0504「1/3の純情な感情」
  • 90's File No.0503「ゆずれない願い」
  • 90's File No.0502「たかが愛」
  • 90's File No.0501「雨音」
  • 90's File No.0500「LOVE SONG」